ドトール・サンマルク・スタバなどカフェバイト求人情報

憧れのカフェバイト!

カフェバイトって、とても素敵なアルバイトだと思いませんか?そもそもカフェは、いろいろな人がリラックスするために訪れる気持ちの良いオシャレな空間ですよね。

 

そんな素敵な空気を創り出すスタッフの側に立てるというのは、とてもやりがいのある仕事です。カフェでの仕事は、スタッフ同士もしっかりコミュニケーションを取ることが重視されますし、

 

お客様をもてなす仲間としての連帯感も求められる職場ですから、カフェバイトを通じていろいろな人と知り合い、人生の幅がとても拡がったという人も本当に多いです。

 

人に気持よく過ごしてもらうためにはそれだけ努力も必要とされますが、ホスピタリティ精神にあふれた人ならまさに適任です。「誰かに喜んでもらいたいな」「ここで笑顔になってもらいたいな」という純粋な気持ちがあれば、きっとどんなことでも乗り越えていけるでしょう。

 

また、カフェバイトではいろいろな専門知識を得るチャンスにも恵まれます。

 

気持ちの良い接客術はもちろんのこと、コーヒー豆の種類や産地、それに適した焙煎法や淹れ方などなど、ちょっと考えただけでも深い世界が広がっているのがわかりますよね。コーヒーは嗜好品ですから、こだわり出したら勉強したいことが山のように出てくるはず。

 

店によっては専用のマシンやアイテムの使い方もマスター出来ますので、自分の腕にノウハウがつけば更に活躍の場が拡がります。知識が増えれば増えるほど仕事への意欲も増えていくことでしょう。


カフェバイトの仕事って?

カフェバイトの仕事にはどのようなものがあるでしょう。一言でカフェの仕事と言っても、その内容は様々。

 

店によっては出しているメニューにもいろいろな種類がありますから、その店でどんな仕事をやってみたいのか、自分で想像してみる必要がありますね。

 

一概には言えませんが、カフェバイトの基本的な仕事内容はフロアでの接客やドリンク、軽食などのサーブになるでしょう。店の形式によって、ほとんどがセルフの場合にはあまりフロアに立っての仕事はないかもしれませんね。

 

定期的に清掃することはあっても、ほとんどがカウンター内の仕事で、返却された食器の片付けやレジが主のケースもあります。

 

反対に、キッチンがきちんとあって、ホールスタッフとキッチンスタッフが分かれているような店もあります。ドリンクの準備や軽食の調理、食器の洗浄といった仕事はキッチン業務、フロアに立ってサーブしたり接客、レジをしたりといった仕事はホール業務というように、ハッキリと業務分担されている場合もあります。

 

どちらかと言うとチェーン店ではセルフが主流で、個人経営のカフェなどでは業務分担があるケースが主流となっているようです。でも、チェーン店でもこだわりのコーヒーの淹れ方をウリにしているところもありますので、これも一概には言えません。

 

いずれにしても、自分がどんな仕事をやってみたいか、どんな仕事ならこなせそうかを考えて、ある程度明確にイメージ出来てからバイト先を選んだほうが成功率が高いでしょう。


カフェバイトの志望動機

カフェバイトの面接で訊かれることに、志望動機があります。これは履歴書にも書く欄がありますよね。アルバイトをしようと思ったら、必ずその店には行くようにしましょう。ちょっと高めのお店でも、行かないまま応募するのはNGです。

 

店の側は、なぜこの世にたくさんあるカフェの中で、この店で働こうと思ったのかをあなたに本当に訊きたいと思っています。逆の立場だったら、あなたもそう思いますよね?

 

お店の雰囲気がとても素敵だったという場合もあるでしょうし、コーヒーが美味しかったという感想もあるでしょう。スタッフがとても優しかったという人もいるかもしれません。

 

コスチュームが可愛くて一目惚れしたというのでも構いません。
何があなたの心に触れたのか、それは正直な気持ちを伝えてください。

 

もしかしたら、時給だけが目当てかもしれませんし、家から近ければどこでも良かったのかもしれません。でもそれではあまりにも悲しい志望動機ですね。目の前にいるのは、採用してもらえたらこれからずっと一緒に働いていく仲間になるかもしれない人です。例えそれが本音だったとしても、それはちょっと置いておいて、店の魅力を思い出してみてください。

 

もしかしたらいつもお客さんがいて賑やかなことが目にとまったのかもしれません。それなら、人気のある店と無意識に認めていたことになりますよね。トイレがキレイだったとか、店が清潔だというようなことでも良いのです。

 

そうしたことを探すためにも、応募する店は必ず利用しておきましょう。

更新履歴